生命保険部門

契約生命保険23社の商品を取りそろえ、 お客様一人ひとりの人生設計をお手伝いいたします。

経営者の「まさか」は、企業の「まさか」です。

  • タイプ

    うちの会社は大丈夫だよ。

    今は順調でも、経営者の“まさか”は予測できません。

    経営者の不測の事態には信用力が低下し、金融機関や取引先との関係が弱くなることが考えられます。

  • タイプ

    今は経営が苦しいから、
    備えまでは無理だよ。

    運転資金の準備は、業績がいかなる状況でも必要です。

    企業の社会的責任(取引先への支払い、従業員の給与支給など)は変わりません。
    経営者が万一のときでも、事業継続のための資金は準備しておく必要があります。

  • タイプ

    保障の大きい保険に
    加入しているから、備えは万全だよ。

    それは“まさか”が起こったとき、本当に頼れる保険でしょうか。

    加入時に必要だった内容と、現在必要な内容が変わった、もっと最適な商品が登場していた…保険ではよくある話。
    必要なときに、本当に必要な保障を受けられる内容になっているか、見直しをおすすめします。

企業経営の基盤を盤石なものにするために

安定した経営のためには、生命保険によるご家族(遺族)への備えに加え、従業員への備えも必要です。
必要保障額 ※ を目安に、資金準備の計画を検討されてはいかがでしょうか。 
※ 必要保障額の目安は担当者にご確認ください。

  • 経営者のための備え

    企業を守るために 事業継承・相続準備資金

    ご家族を守るために 死亡退職金・弔慰金準備資金

    老後のために 退職慰労金準備資金

  • 従業員のための備え

    従業員が“まさか”の際、ご遺族の生活保障のために 死亡退職金・弔慰金準備資金

    従業員が安心して働ける環境づくりのために 傷病見舞金準備資金

    従業員の老後のために 退職一時金・退職年金準備資金